着物の豆知識。福岡のことのは着物教室はマンツーマン・少人数の着物教室【ことのは着物教室】

ことのは着物教室
  • トップページ
  • 教室紹介
  • 講師紹介
  • 受講料金
  • 生徒様の声
  • アクセス

豆知識

七五三

11月に入り神社には着物を着た家族ずれを見受けられるようになりました。

子供を出産したとき、新しい命の誕生を喜び、無事を祝ってお宮参りをします。
さらに女の子 三歳と七歳、男の子 五歳になった時、
ここまで健やかに育ったことに感謝し、将来の幸せを願って神社にお参りします。
これが七五三です。
11月15日前後の日曜日にお参りすることが多いようです。
今月は七五三についてお話しようと思います。

三歳の祝い

髪置(かみおき)の儀
平安時代の上流階級では、生後七日目に男女とも頭髪を剃って坊主頭にします。
そして三歳の春から髪を伸ばし始めます。
この年齢まで無事成長したことを喜び、お祝いします。
お宮参りに着た着物を仕立て直して、帯が省略できる被布(ひふ)を着せます。

五歳の祝い

袴儀(はかまぎ)の儀
碁盤の上に立たせた足から袴をはかせ、足が丈夫になりますよう、
一国一城の主になりますようにとお祝いします。
初めて袴を着せます。

七歳の祝い

帯解(おびとき)の儀
鎌倉時代からの習わしで、子供の着物にはひもをつけて着ていました。
この年齢からつけひもをとって、大人と同じように帯を結んで着物を着ます。
ここまでに成長したことをお祝いします。
本来は帯を正式に結びますが、着物をあまり着なくなった今は、
便利なつけ帯を使うと簡単です。

人はこの世に生まれ生を受け、一生を終えるまでにさまざまな節目があります。
そして必ずその節目には由来があります。
「いつ、どこで、何を着る」といったことを知ると日本文化も身近に感じ、着物を着る機会も増えることと思います。

初めてでも安心!無料体験90分レッスン ご自宅で訪問着付け致します 季節の装い 豆知識 今月の装い きもの着付け教室 ことのはブログ よくあるご質問
お問い合わせ