着物の豆知識。福岡のことのは着物教室はマンツーマン・少人数の着物教室【ことのは着物教室】

ことのは着物教室
  • トップページ
  • 教室紹介
  • 講師紹介
  • 受講料金
  • 生徒様の声
  • アクセス

豆知識

着物を着る時に必要な物

着物を着る時に必要な物を一つずつ紹介していこうと思います。
今回は、肌着、衿芯についてお話しようと思います。

肌着

汚れ防止の和装下着です。
直接肌につけるので、吸水性があり、肌になじみ、洗濯がきくもの(綿の晒素材、ガーゼ)を選びます。
肌襦袢と裾よけに分かれたツーピースタイプと上下一体のワンピースタイプがあります。
肌着の着付けは、体型カバーの役割もあるので、肌襦袢と裾よけに分かれているほうが、すっきり補整ができるでしょう。

肌襦袢
裾よけ

衿芯

衿や衣紋をきれいに見せるのに必要です。
衿芯には、プラスチック製の差しこみ芯と布製の衿芯があります。
貸衣装屋さんで着物を借りる時、あるいはほとんどの方が、差し込み式を使用する場合が多いと思います。
長襦袢に差し込むだけなので、とても手軽に使えます。
ですが、衿の中で衿芯が浮き不自然なしわが出てしまうという点もあります。
実は私も便利さからプラスチック製を使っていました。
それに比べて布製の衿芯は、長襦袢の衿に縫い付け、半衿になじませて仕上げるので自然で柔らかな衿が出来上がります。
ですが、こちらは少し手間を加えないといけません。
しかし着物の衿もとは、長襦袢の衿で決まります。
柔らかく、しわのない衿もとに仕上がるので最近、布製の衿芯を使うようになりました。
三河芯もありますが、英えり芯を使っています。
半衿が汚れた時は、半衿だけを取って洗えば大丈夫です。
興味のある方は、ぜひ試してみてください。

布製の衿芯1
長襦袢に衿芯を表面だけに 二目落とし縫いで縫います。
そのあと上から半衿を表面に、衿芯がかからないよう
縫います。

布製の衿芯2
裏面は衿芯を巻きこむように半衿だけを縫います。
大事なカーブの部分はまつり縫いをします。

布製の衿芯
初めてでも安心!無料体験90分レッスン ご自宅で訪問着付け致します 季節の装い 豆知識 今月の装い きもの着付け教室 ことのはブログ よくあるご質問
お問い合わせ