着物の豆知識。福岡のことのは着物教室はマンツーマン・少人数の着物教室【ことのは着物教室】

ことのは着物教室
  • トップページ
  • 教室紹介
  • 講師紹介
  • 受講料金
  • 生徒様の声
  • アクセス

豆知識

卒業式

三月は、卒業式のシーズンです。
晴れやかさと厳粛さが入れ混じった特別のとき。
この時、女子学生として最後の装いは袴姿で決めたいものです。

袴姿は、明治・大正・昭和初期の女学生や教師の制服です。
普段は、矢絣や紬の着物と
式には、紋つきの着物と
お呼ばれは、小振袖や中振袖を合わせました。

髪置(かみおき)の儀 髪置(かみおき)の儀 髪置(かみおき)の儀

写真提供 徳田写真館

髪置(かみおき)の儀

伝統に基づいて紋付きの着物に無地の袴を選べば正統派の卒業式スタイルになります。
が、最近は正統派を見なくなりました。
少しおとなしく見えるからでしょうか。
袴下のきものに振袖や矢絣などを合わせる人が多くなっています。
華やかに個性的にしたいと思う学生が増えたからでしょう。


袴を着るのは、学生だけではありません。
卒業生を受け持った担任の女性の先生も袴を着ます。
若い先生が多くなったせいか、華やかな小振袖を着ている先生を見かけます。
とてもステキですが、教師としての品格を保って袴スタイルを決めていただけたらと思っています。

足もとは、振袖や他の着物より足袋がよく見えます。
足のサイズにあっていないと、しわができ、不格好です。
足にぴったり合った足袋を選びましょう。

袴は、振袖と比べてスカートのようになって歩きやすいです。
きりっと着て、さばさばと軽快に動いて、
すがすがしい袴姿が見れるのも卒業式の楽しみでもあります。

初めてでも安心!無料体験90分レッスン ご自宅で訪問着付け致します 季節の装い 豆知識 今月の装い きもの着付け教室 ことのはブログ よくあるご質問
お問い合わせ